cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

18年ぶりの再会

   

GWは函館行きがボツになり、のほほ~んと暮らしておりました。そんな中で高校の同級生?同科生?と再会をしました。そいつとは高校を卒業してから一度も会ったことがないヤツで18年ぶりの再会でした。社会に出て18年ですよ。。。そりゃ~やっぱおっさんになってるわなぁ。

再会のきっかけはFacebook

Facebookでは出身校なんかも登録できるのですがしてたんですよねー。そこから友達が俺を発見したらしいのだけど、Facebookで登録したある写真はウユニで撮ってもらった写真でそのころは今と違って髪伸びててその友達曰く天パぐあいが高校の頃のマンマで俺じゃないかとわかったそうだ。あと出身校以外にも学部、まぁFacebookとしては大学の学部を想定しているのだろうけど俺の出た高校は工業高校なので科が存在してるので無理クリ電子科って書いてあったのも手がかりになったんだと思う。そんなんでメッセージなどでやり取りしてたんだけど、函館行きがボツになって日程が空いて友達も小樽に帰ってきていたので再会となった。

工業高校出ですが何か?

会って晩飯喰った。まずはお互い高校出てからどんなことをして生きてきたのかを話した。ヤツも面白い人生を歩んでいた。高校出てなかなか希望の就職が決まらず、アメリカの大学に留学したそうだ。家の事情などもあり卒業までは居れなかったらしいが3年間アメリカで生活をしていたそうだ。Facebook上で英語のコメントしてたんで「何で英語できるよ?」と思っていたのだがそういうことだった。鏡のようにヤツは俺に対して「何でスペイン語よ?」って思っていたらしく、そりゃそうだろうなぁ英語ならまだしもスペイン語なんて小樽に住んでてなんで覚えるのよ?と思うほうが普通だ。二人声そろえて「あのクラスつーか工業出てそんな人生歩んでいるヤツがいるとは思わなかった!」そして「お前がアメリカに留学!?」「お前がバックパッカー!?」「イメージできねぇorz」
人が生きていくうえでどの道を歩むかなんて想像できないって改めて思った。

俺らの出た科は電子科といって今はもうすでに機械科と合併吸収されて電子・機械科となっているようなのだが、主に電気関係とパソコンのことを勉強していた。でも俺らの頃はWindows95以前なので真っ黒な画面にbasic言語のプログラミングをしたり、実習ではスピーカー作ったりそんなことをしていた実習はハンダごて使ったりでおもろかったけど、今は普通だがあの頃は「黒い画面に字を打ってどうなるものか?」って思っていた、そんな俺でもこうやってHTMLやCSSなんかをいじれるようになったのもその頃にイヤイヤでも勉強したらかもしれないなーと思う。

その友達は逆にオタクっててよく分からないが2進数のマシン語でいろんなことをやってたやつで、今ではろくな性能じゃないがその当時はポケコンというものが生徒は全員持っていて、まぁ高性能の電卓くらいだと思ってもらってもいいのですが、そんなんでそいつはゲーム作ってた。専門教科のテストの時ってポケコンの使用が認められていたのでテストの朝はそいつの机の上にみんなのポケコンが置かれ一人の有志が入力したテスト範囲の公式なり重要な文言をコピーしてくれたりした。でも俺や他のヤツもそうだったけどコピーしてもらったけどその公式がどの問題で使うものなのか分らず、ずる賢いことはしても結局はオーソドックスに隣の覗くという行為になってしまっていたのはいい思い出だ。

樽工のサイトはだせぇ

俺がサイト作って金もらっている仕事だから思うのかもしれないけど、ヤツも思っていたみたいだが樽工のサイトはどうにかならんの?樽工には今でもあると思うけどマイコン部なんてオタクなクラブもあるし友達は部長していて、「そこらへんのヤツ作り直せねぇのか?」と聞いてみた。「教えるやつがいねぇかも」と。俺らが行っていた頃の樽工の設備はすごくてその当時はその価値は分らなかったけど今思うとすごくて、その頃からマニアックだった友達から言わせると「その設備に教師がついていってなかった」そうだ。今もそうなのかなぁ。

「たまーに樽工のサイト見るとさぁ、工業高校だぜそこらへんは他の高校に負けたらヤバイだろ。今なら授業でサイト作りとかやらんのか?先生いないなら俺が教えても全然いいんだけどなぁ」って言ったら、ヤツも卒業生として何かしたいと考えていたり、そういった卒業生で実績作った人が何か講習なり授業に立てないかなぁなんてことも言っていた。たしかに樽工の電子科の入試の学力は普通高校にも入れるくらい必要で電子科のやつらにかぎれば、ほとんどのヤツが中学の時に普通科の高校行くかで選択したんだと思う、俺もそうだったけど要するに中学の時点で大学進学するかどうかを決めた。いろんな事情で高卒で働くことを選んだヤツら(後輩になるんだけど)に、専門教科以外にも何か樽工出てもやれるんだぜぇなんてことを知る機会を与えれないかなぁ。

とか。母校に対してあーでもないこーでもないと、やっぱおっさんな会話で話がはずんでしまった。

 - 雑記