cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

博物館 網走監獄

      2011/07/06

流氷を見れなかったので博物館「網走監獄」を見に行きました。入場料は大人1,050円ですが割引券が網走市内の観光案内所に置かれていたり、またWebサイト:博物館「網走監獄」でも割引券を印刷することができ、940円で入場することが出来ます。

博物館網走監獄の入り口

「網走刑務所」と耳にすることは多かったですが、網走刑務所がなぜ観光施設になっているか?他の刑務所と何が違うのかわかりません。ほかの刑務所で何が行われているか知らないので比べようがないのですが、博物館を見学して思ったことは「ここは日本版のシベリアかぁ」ってことです。現在の網走刑務所に服役している囚人たちがどのようなことをしているのか知らないですが、昔は過酷な労働を囚人たちは強いられていたようです。

網五翼放射状舎房

網走監獄博物館の牢屋

そのなかで一番印象に残ったのは道路建設です。旭川から網走への道路のうち北見峠あたりから網走までの間を彼らが受け持ったようで、160km以上の距離を約8ヶ月の突貫工事で完成させるというこの重労働により多くの囚人が亡くなったり行方不明になったそうです。現在の北海道はこのような人たちの犠牲のもと成り立っている部分があるんだなと感じましたが、犯罪者、特にその頃は凶悪犯などが収容されていたようなので素直に感謝すべきものなのかどうかという想いも同時に沸きました。

博物館にある刑務所などの施設は木造時代のものを移転復元や再現したもので、現在の刑務所とは別の場所にあります。また釧路地方裁判所網走支部法廷も復元されていて、ここを見たときには「この場には立ちたくねぇなぁ」って思いました。テレビドラマなどで法廷の様子などを見ることは出来るのですが、復元されたものですがその場に立つと律する雰囲気を感じました。

何かのついでで網走刑務所を見る人の方が多いと思うのですが、全国にこのような刑務所の博物館が無いのなら見ても損しないかなぁって思います。あと、博物館へ行くにはバスを利用するのですがこの路線は現在の刑務所前にも停留場があってバス停も「網走刑務所前」なのですが車内アナウンスでは英語でもいってて「ネクスト ストップ イズ プリズン」ってそのままなのですがなんかウケました。

こちらが現在の網走刑務所です。

本物の網走刑務所

通りには「囚人の人権・プライバシーを守るため人物の写真撮影は禁じます」という内容の注意書きの看板を多く見かけました。

 - 北海道, 旅した話(国内) ,