cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

2014年のワールドカップブラジル大会のチケットと銃を交換!?

      2016/10/07

こっちにいるのでこちらのニュースを。とはいってもブラジルのニュースです。2014年にワールドカップが開催が予定されている国ブラジル、W杯開催に向けての治安維持の一つの方法として所持している銃の提供の見返りにW杯のチケットと交換なりそれ相応の優遇をして銃犯罪撲滅を目指そう。なんてことを考えている議員さんがいるみたいです。

銃を持つ女性

W杯後も南米で初めてのオリンピック開催も控えていて、南米では一番経済発展をしているブラジルですが、銃犯罪は多いようで警察か軍隊がスラム街で麻薬組織掃討作戦を行ったのは記憶に新しいのではないでしょうか。とある議員さんがW杯向けて如何に銃を効率よく回収、没収などができるかを考えて、チケットと銃の交換あるいは割引などの優遇処置を立法化あるいは条例化しようではないかとの声を上げたようです。最終的にはチケットがらみなのでFIFAが承諾するかどうからしいですが。

正しい政党名はわかりませんがブラジル民主運動党の下院議員のRenan Filho氏によると2010南ア大会のスローガンは「エイズとの戦い」だったが2014ブラジル大会のスローガンは「銃のない世界」にするべきだと訴えているようで、そのために入場料の割引や公式ボールなどと銃を交換しようではないか、と提案しているみたいです。

まぁとりあえず法になるわけですから下院、上院そしてブラジル大統領のディルマさんが承認しなければならないですし、その後FIFAがこの処置を承認するかどうかも定かではないので、Renan Filho氏とっては前途多難なようです。

また、数日前にFIFA事務局員のJérome Valcke氏が「ブラジルにある銃の数だと入場券が足りなくなってしまうのではないかと心配だよ」と皮肉ったらしいです。Joseph Blatter会長はこのことについて意見は言っていないようです。

参考記事:Tickets por pistolas: el curioso plan de Brasil 2014 contra la delincuencia
(銃の代わりにチケット:犯罪に対してのブラジル2014のおもろいプラン)

 - ニュース ,