cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

麻薬戦争での死者が28,000人(メキシコ)

      2011/03/19

BBC MUNDO

El gobierno de México aportó una nueva cifra sobre las víctimas por la violencia del narcotráfico: desde 2006 han muerto 28.000 personas en el país, una cantidad mayor que la reconocida en su último reporte.

“メキシコ政府は、麻薬がらみの事件による犠牲者について新しい発表をしました:2006年から28,000人が死んでおり、最新の報告書で認識されていた数よりも多くなってます。”

記事本文はこちら

この28,000という数字は4月には22,700、7月には24,800と修正されているものなので専門家(どんな専門家でしょうか)などからはその数字に対して懐疑的にみられているみたいです。実際のとこ政府は把握していないだろう、本当の数なんて知ることはできないのでは?ってみている人達もいるようです。

麻薬組織の撲滅はよいことなのでしょうけど、この政府が発表した28,000の数の内、一般の人犯罪組織に関係ない人はどれくらいいるのでしょうか。巨大な市場のあるアメリカの下にあるだけに切ることができるのでしょうか。アメリカ経済の回復が鈍化している今、中南米から出稼ぎに出ている人達が職を失い、そういった犯罪に手を染める確率が上がってきてるように感じるし一国だけではとても難しい問題なんだと思う。

 - ニュース