cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

イランとの同盟関係を強化(ボリビア)

      2011/03/19

月曜日にラ・パスで行われたボリビアのエボ・モラレス大統領とイランの工業・鉱山大臣のアリー・アクバル・メフラービアンの会談で両国の政治・経済の同盟関係を強化しました。
Bolivia e Irán reforzaron su alianza política y económica este lunes en La Paz, donde se reunieron el presidente Evo Morales y el ministro de Industria y Minas de Irán, Ali Akbar Mehravian.

記事本文(スペイン語)へ:Bolivia e Irán refuerzan su alianza(BBC Mundo)

イランがボリビアに2億5400万米ドル(およそ214億6300万円)の資金協力を提言したようです。
ボリビアのモラレス大統領はベネズエラのチャベス大統領と共にイスラエルが2009年一月にガザ地区へ侵攻した際、イスラエルと国交を断絶しています。
というか南米ではこの二人が反米の双頭になってるっぽい。
この会談の席でも「イスラエルは核兵器を不法に所持しているくせになぜイランだけが処罰の対象になるのか」など発言しているようです。

イランにとってもボリビアはリチウムなどのレアメタルの宝庫であり、記事内ではウランという言葉も登場しておりますが
反米・反イスラエルの旗の下
貴重な鉱物などの資源が欲しい国と国が発展するための資金や技術の援助が欲しい国
お互いの思惑ががっちり嵌まった会談だったようです。

この会談で提言された事柄を締結するべく、エボ・モラレス大統領は近々イランを訪れる模様です。
2007年に初めてイランのマフムード・アフマディーネジャード大統領がボリビアを訪れた時から同盟関係になっており、2009年には2度目の訪問があったようです。

 - ニュース