cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

ゲーム「Call of Juarez: The Cartel」がメキシコでは発禁!?

      2017/03/25

フランスのゲーム会社Ubisoftが発売しているXboxやPS3のゲーム「Call of Juarez」シリーズの3作目となる「The Cartel」に対してメキシコのチワワ州議会がメキシコ政府に発売禁止を求める動議を承認したそうです。

ゲームcall-of-juarez-the-cartel

1作目の「Call of Juarez」、2作目の「Call of Juarez: Bound in Blood」共にアメリカ南北戦争時代のアメリカやメキシコでの西部劇をテーマにしたアクションゲームだったのですが今年の夏に発売予定(日本での発売予定はわかりません)の「The Cartel」では時代背景が現代となったことで、メキシコの特にゲームタイトルにもあるフアレス市があるチワワ州では猛反発しているようです。

ここでもいくつか伝えていますし、ニュース番組などでも伝わっていますがシウダ・フアレス(Ciudad Juárez)はメキシコで起こっている麻薬戦争の最前線の地で2010年だけで3,000人以上が亡くなっています。このようなことからUbisoft社は時代背景を現代に変え、リアリティーを求めていったと考えられるのですが、たぶんメキシコにしてみれば

「シャレにならん」

という反応がチワワ州議会での承認に至ったのだと思います。これによりこの動議はメキシコ政府に上げられると思うので政府がどのような反応をするのかが気になります。子供たちへの教育上の問題などを理由としていますが、メキシコ国内で発禁したところで海賊版が出回るだろうしどうなるものか、と思いますがこのようなパフォーマンスも政治には必要なのでしょうね。

以前に「Call of Duty: Black Ops」というゲームでキューバのカストロ前議長を暗殺するミッションがあったらしくキューバ政府が非難したこともあったらしいのですが、今回のとでは意味合いが違うような気がします。

BBC Mundoの記事:Polémica por un videojuego de violencia en Juárez
Call of Juarez: The Cartelの公式サイト

 - ニュース