cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

コロンビアの2012年第一四半期の成長率は4.7%

   

コロンビアの2012年の第一四半期の成長率が発表され4,7%だったそうです。ですが昨年との同時期と比べると-0,3%でこちらの記事では「土木工事の減少が成長率の上昇にブレーキをかけた」といった表現をしています。

Caída en obras civiles le puso freno al crecimiento del primer trimestre
「土木工事の減少が第一四半期の成長にブレーキをかける結果に」

El Departamento Administrativo Nacional de Estadística (Dane)「統計を管理する省」が木曜日に2012年の第一四半期の国内総生産の成長率が昨年の同四半期と比べて4,7%であることを発表しました。

昨年の同時期の成長率が5,0%だったのに対してマイナスの結果となりました。
Daneのレポートによると、建設業と農業の減少が国内総生産の成長を減速させることになった。

建設業は土木工事での8,1%の下落が主な要因になり0,6%の減少。
「直近の四半期(2011年第四四半期)との推移を比較すると、建設はマイナス9,9%、土木工事は19%の下落、同様に建造物は0,4%の下落となった」とDaneが発表。
一方、より成長が活発だった部門が鉱山業と採石業で12,4%の成長。

需要の観点では最終消費が5,2%増、資本形成8,3%、そして輸出の6,3%が国内総生産の成長に反映されます。
輸入は前年同期と比べて13%の成長ですが主にここ数か月のドル安の影響だと説明しています。

--------------------------------

経済用語がわからなくて、なんて書いていいのかわからなかったところがいくつもあった。でも土木工事が減少しているってことは公共事業が減少しているのでしょうか?よくわかりませんが、4,7%の成長率は日本人からしてみれば夢みたい数字ですね。必然的に物価上昇もしているのでしょうけど。

 - ニュース