cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

ミス・ボリビアに求められる制約

      2011/03/19

ミス・ボリビアのMaría Teresa Roca(マリア・テレサ・ロカ)さんが契約違反を理由にそのタイトルを失ったそうです。その契約内容が「そこまで縛られるものなの!?」と思ってしまうような事項がいくつかあってビックリです。

禁止事項が厳格に定められているみたいで、コンテストの主催者側はこの契約を受け入れるかどうかは本人の自主性を重んじていると言っているそうですが何人かの女王経験者はこの契約は半強制的なものであると訴えているようです。

禁止事項のいくつか

  • 政治活動への参加
  • カーニバルへの参加
  • メディアのインタビューを受けること
  • Promociones Gloriaからの許可の無い人との写真撮影
  • 体重の2kg以上の増減
  • それまでしていた仕事
ミス・ボリビアのMaría Teresa Roca

上記の禁止事項などを破るとUS$15.000(約120万円)の罰金が科せられるそうです。Promociones Gloria社はモデル事務所のようでレッスンなどもやっているみたいです。ミスコン優勝者を囲い込むあたり、業界を牛耳っているようなのでこのようなことが起きても不思議ではないですね。

今回、契約違反としてミス・ボリビアの座から下ろされてしまったMaría Teresaさんは弁護士の資格を持っているそうで、主催者側(というかPromociones Gloria社といっていいと思うのですが)に対して、職業・言論・表現の自由などの憲法で認められている権利を疎外していると主張しているようです。

また、元ミス・ボリビアで現在はテレビ番組の司会をしているDesirée Duránさんは「その契約をしている3年間は仕事も人生も彼らに操られていた」と証言しているそうです。

日本でもミス何某にこのような縛りともいえる契約条項があるのでしょうか。今までしていた仕事に就けないとかはミス・ボリビアの業務が忙しいのでしょうかね?というよりネジコミネジコミで働かせるんでしょうね。あーコワ。今回はボリビアでしたがまわりの国も同じようなことはしてるんじゃないでしょうかね。

BBC Mundoの記事:Lo que hay que hacer para ser Miss Bolivia

 - ニュース ,