cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

3600万年前の巨大なペンギンの化石を発見(ペルー)

      2010/10/21

ペンギンの置物の画像
photo is by: kelp1966

英国BBC放送のスペイン語サイトによると
南米のペルーで巨大なペンギンの化石が発見されました。この巨大なペンギンの化石は約3600万年前に生息していたペンギンの化石と考えられていて、この発見はペンギンの進化などについての定説に一石を投じるものとなりそうです。
以下のBBC放送の動画の聞き取れた部分については訳して書いています。

聞き取れた部分だけですが

発見された巨大なペンギンの化石の大きさは1m50cm、重さは現在生息しているペンギンの2倍以上と大きく「ペドロ(英語名だとピーター?)」の愛称で学者らから呼ばれています。3600万年前に生息していたと考えられていて、羽毛は茶色だったようで現在のペンギンとはまったく違っていたようです。このペドロからペンギンの進化のみではなく、他の海洋生物についてもわかることがあるかもしれないようです。

(※補足です、今まではペンギンが南極などの高緯度地域から低緯度地域へ移動したのが約800万年前と考えられていたらしいのですが、今回の発見でその約2800万年前には既にペンギンは低緯度地域に生息していたことになるので、今までの説が覆る大きな発見になる可能性もあるみたいです。)

 - ニュース