cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

小林可夢偉のチームメイトはメキシコ人

      2011/03/26

ザウバーのマシン
photo is by: Gregory Moine

F1ドライバーの小林可夢偉が所属しているザウバーと今期新たに契約したドライバーのセルヒオ・ペレスはメキシコ人です。昨年の実績から可夢偉が当然ファーストドライバーなのですが、ザウバーのメインスポンサーはセルヒオ・ペレスが連れてきたメキシコ企業のため、メキシコでは早く可夢偉越えしてファーストドライバーの座についてほしいという機運が高まっているようです。

ラテンびいきですがこれに関しては「イヤイヤ、それはない」と思ったり願ったりします。
F1は放送されているレースを見る程度なのでチーム・ドライバー・スポンサーの関係などレースが始まるまでの部分についてよくわからないですが、それでもレース放送中の解説者などの話から小林可夢偉がこれまでの日本人ドライバーよりスポンサー面で恵まれていないというのは理解しています。それだけに彼にはこの状況を成績で打破してより強いチームへとステップアップしてもらいたいです。

今回契約したメキシコ企業のテルメックス社とは...

2010年度版世界長者番付で首位になったカルロス・スリム・ヘルが所有するメキシコの通信会社。メキシコでは独占的に電話サービスを提供している他、ラテンアメリカの国々にも同様のサービスを提供しているようです。カルロス・スリム・ヘルはモータースポーツに対してかなりの熱の入れようでドライバー育成プログラムを運営しています。一時はそれをF1に直結させるべく今回スポンサー契約したザウバーやトロロッソを買収するといった噂も流れたそうです。

かなり危険な香りがします。

セルヒオ・ペレスはその育成ドライバーの一人らしく、彼の兄もレースドライバーのようで兄弟そろってテルメックスから支援を受けているようです。そしてザウバーがテストドライバーとして契約したエステバン・グティエレスもメキシコ人・・・

香ばしくなってきています。

とはいえ、チームが資金調達に成功したのでマシンも昨年よりはいいものになるだろうし、マシン開発には可夢偉の声を昨年以上に取り入れてもらえると思うのでチーム内からのプレッシャーも多そうですが頑張ってほしいですね。

 - ニュース , ,