cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

2014年W杯ブラジル大会 南米予選第3節の結果

   

日本でもW杯の予選が行われていますが南米予選はまだ序盤です。南米予選とアジア予選は出場1枠をかけてプレイオフをする関係なのでまんざら日本に全く関係のない話ではないです。とはいえ日本が0.5枠になるとは思っていませんが参考までに。

ブラジル人の女の子

南米予選はアジア予選のように1次2次などの予選方式ではなく、参加9か国(ブラジルは開催国のため不参加)の総当たりで上位4位までがW杯出場権を取得します。5位のチームがアジア5位のチームとホーム&アウェイ方式のプレイオフをする形です。

第3節は11日におこなわれまして、アルゼンチンが最下位のボリビアにホームで引き分けとアルゼンチン人はかなりストレスのたまる試合をしたのかなぁって思います。こういった時の怒りの矛先はメッシとなってしまうのが可哀そうな気もします。メッシだけの問題じゃなくてやっぱ中盤の世代交代とかうまくいってないんでしょうね。ヴェロンを戻すとかリケルメを復帰させるとか色々情報が錯そうしているようですがヴェロンは選手ではなくマネージャーとして加わるのが有力っぽいです。

第3節の試合結果
Argentina 1 - 1 Bolivia
Uruguay  4 - 0 Chile
Paraguay  2 - 1 Ecuador
Colombia  1 - 1 Venezuela

第3節終了時の順位(国名右の数字は勝ち点)
1 Uruguay 7
2 Argentina 4
3 Colombia 4
4 Paraguay 4
5 Venezuela 4
6 Ecuador 3
7 Perú 3
8 Chile 3
9 Bolivia 1

2010年の南アフリカのW杯で南米最上位、そして今年おこなわれたコパ・アメリカの優勝国のウルグアイが2勝1分の首位で好調を維持しています。アルゼンチンもボリビアに引き分けたとはいえ2位は確保しているのですが、コロンビア・エクアドルとペルーはまだ2試合しかしていなくこの順位は暫定です。

現在どうなっているかわかりませんがボリビアのホームがラ・パスでやるようなことがあれば標高3,600Mとかでサッカーしないといけないので、まぁぶっちゃけ負ける確率が高いと思います。
規定などで標高何メートル以上ではやらないとかになってれば大丈夫ですが、コロンビアのボゴタは標高2,000Mぐらいあったと思いますし、エクアドルのキトも1,800Mぐらいとアウェイは結構過酷です。あと前節で野球の方で有名なベネスエラがアルゼンチン代表を喰っていますから、ホームで勝つべき相手に勝ち点2の取りこぼしは痛恨と言ってもいいのかもしれないです。

次節は15日で以下の組み合わせです。
Colombia vs Argentina
Ecuador vs Perú
Chile vs Paraguay
Venezuela vs Bolivia

アルゼンチンは1試合少ないコロンビアとの対戦でパラグアイ、ベネスエラが勝って順調に勝ち点を延ばしそうなので、この試合に負けるようなことがあれば序盤のスタートダッシュに失敗したと言えるかもしれないくらい大事な試合になりそうですね。
次節で今年の予選は終わるようで第5節は来年2012年の6月みたいです。

 - ニュース ,