cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

Marisol Vallesはどこにいる?(メキシコ)

      2011/03/09

昨年このブログで「新しい警察署長は20歳の女子大生(メキシコ)」と紹介したメキシコのチワワ州のプラセディス・G・ゲレロの警察署長に就任した女子大生のMarisol Vallesさんの行方がわからなくなっているそうです。一部の報道ではアメリカ合衆国へ亡命したと伝えられていますが確認は取れていないそうです。

ネットでこのニュースは結構取り扱われているようで、ご存知の人も多いと思います。国内では4日にAFPBBNewsが「麻薬抗争の町の女子大生警察署長、米国に亡命」と報じたのが最初だと思います。自分が主に見ているBBC Mundoではこの件に関して今日報じられました。

Marisol Valles Garcia

3月2日から彼女の息子の病気のため休暇をとっていたようですが、休暇明けの7日になっても彼女は姿を現さなかったようで、無断欠勤を理由に市長が解雇を決定したようです。

「彼女はシウダ・フアレスに行った」とか「米国への亡命のためアメリカのテキサス州へ行った」などの証言をする人もいるようですが米国への亡命はまだ確認されていないようです。彼女へコンタクトを取ろうと携帯へ電話をかけても連絡は取れず、彼女の自宅は留守の状態で消息がつかめていないそうです。

麻薬組織などから脅迫されていたとの声もあがっているようですが当局者らは本人からそのような報告はされていなかったと否定しています。

すでに当局者らは買収されているんじゃないかと思ってしまいます、即解雇を決めた市長もね。メキシコいいトコなんだけど、これはこれで現実なので受け止めないといけない。その国に好意を持っているからって甘くみる人は優しい人なのかもしれないけど、そういう人が海外旅行で騙されるんじゃないかなぁって思ったりした。

無事であればいいのですが・・・

BBC Mundoの記事へ:México: ¿dónde está Marisol Valles?

追記(3月9日):彼女が米国への亡命を求めていることが確認されたようです。これでまた一悶着あるかもしれないですが乳児をかかえている母親の命が守られそうなのでよかったと思います。
Confirman que Marisol Valles pidió asilo en EE.UU.

 - ニュース