cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

コロンビアでは「De nada」を言わない。

   

ちょっとはスペイン語の勉強に役立つかもしれないことを。スペイン語で「De nada」はGraciasの後に「どういたしまして」という意味で言うと覚えるのですが、コロンビアではDe nadaではなくて他の言い方をします。また、お店などではまた違った言い方をします。

コロンビア人はDe nadaの代わりにCon gustoとかCon mucho gustoと言います。そして、それほど規模の大きくないお店など直接お店の人とやり取りするところではまずa la orden?「何か注文ですか?」みたいな感じで言ってきて、なにかを買って店を出るときやお釣りをもらう時に自分はGraciasというのですがその時にもa la ordenと言ってきます。日本での「まいどあり~」みたいな感じと受けていますが、本当のところはどんな感じなのかはわかりません。

なので最近は自分もCon gustoと言うようになってきました。

他にコロンビアだけの言い方じゃないと思いますが宿に泊まっていたコロンビア人に教えてもらったフレーズ
¿Qué más de nuevo?
¿Qué te cuenta?
この2つのフレーズは¿Cómo estas?,¿Cómo te va? と同じようにあいさつの時にいうフレーズで意味も「調子どう?」みたいな感じでおなじものらしいです。これはコロンビアだけの言い方かもしれないですが、もっと親しい間柄の時なんかは¿Bien o mal?っていったりするらしいです。アルゼンチンの¿Todo bien? に近いものかもしれないですね。

¿Qué más de nuevo? は「何か変わった(新しい)ことあった?」
¿Qué te cuenta? は¿Cómo te va? に近い感じがしますね。「あなたに何を語る?」=何かあなたに影響を与えたことがあった?
みたいな感じで解釈するのかなぁって思っています。

発音というかイントネーションがグアテマラやメキシコと少し違い、自分はこっちの方が好きかな。

 - スペイン語