cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

黄金博物館へ行ってきた。

   

エル・ドラード、黄金都市という意味だと思うのですがボゴタの国際空港はその名がついています。コロンビアって黄金都市だったんですかね?そんなんで黄金博物館がボゴタにはあって行ってきました。大航海時代、日本も黄金の国なんて言われていたと思うのですが、なんか親近感が湧くのは自分だけでしょうか。

ボゴタの黄金博物館に展示されていた黄金の仮面

今日(18日)は博物館が無料の日だったのでタダでは入れましたが通常はいくらか払います。日曜日は無料みたいです。入場時には金属探知機でボティチェックがあります。

展示品のほとんどが金・金・金です。メッキか?なんて思うくらいキラキラしています。こんだけの金を見るのは初めてだとおもう。装飾品がほとんどだけど、とても細かい作業をしている物もあって好みもあると思うけど、曜日合わせればタダで見れるので行ってもいいのかもしれないですね。

別途でガイドも頼めるようでここはスペイン語と英語のガイドがいるみたいです。どの時代につくられたものとか説明してくれるんだと思います。

以下、展示品
黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

黄金博物館の展示品

 - 中南米の旅2011-2012 , ,