cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

さいならメデジン、また来る日まで

   

今日の夜行でメデジンを離れます。結局41泊しちゃいました。最初は1週間ぐらいのつもりだったのにね。メキシコへの航空券の復路の日付も1ヶ月延ばしちゃったし、どうなってるんだろうか?そこまでメデジンが魅力的だったのか?昨日の黄昏時になんでだろうと考えてみたけど答えは見つからなかった。

メデジン

まぁこのブログでもメデジン滞在期間中にまともな観光の記事を書いてないことからもわかる通り、ここでは何もしなかった。メキシコシティはそれなりに知っているので誰知らずとブラブラしたりはしていたんだけど、ここでは買い物にスーパーへ出るくらいかな。たまにはセントロぶらぶらして人間観察もしていたけど、にしても本当に動かなかった。前に書いた「住むならメデジンかなぁ???」の理由とかぶるのかもしれない。

宿の影響も大きくて。オスタル・メデジンは初めて来た宿だけど、ヨシさんやユウコさんと出会っていたことでオーナーのクラウディアも最初から親近感を持ってくれたのかもしれない。この宿のサイトの地図や写真を更新したのも大きいのかもしれない。でもいろいろよくしてくれて、宿業が繁盛することを願うばかりです。

グアテマラでの半年のスペイン語の勉強も大事だったんだけど、今回の旅のルートを先にコロンビアを選択していたら確実にコロンビアでビザ延長手続きをしたと思う。もうこの旅というか現実逃避行も終盤で金も残ってないから、それなりに決めた日程で進まないといけない。

正直、外出てないからメデジンのどこがいいのか?なんてことは言えないし、人に薦めることもできない。観光観光の人にはあまり名所のない街に映ると思うし実際そうかもしれない。あんま外に出てないから沢山のパイサ(メデジン市民のことを指す言葉)に出会って話をしたわけでもない。でも機会があるのなら一度は来てほしいと思ったりもする。

ただメデジン市民はなまりが強いらしくて(自分はわからないけどボゴタの人とか感じてるようです)、しかも早口。聞き取りずらいことも多くあって凹んだりと大変だったのも事実ですが、その分いろんな言い回しを聞けたのはよかったのかなぁなんて思う。そして、どちらかというと自分はここら辺りの発音やイントネーションの方が好きで自分のスペイン語もそのように少しはなったかなぁなんて思う。

いつ戻って来るんでしょうかね。でもまた来たいです。そん時は住むことも考えているかもしれないのかな?

 - 中南米の旅2011-2012 ,