cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

グアテマラの小学校のミスコンを見てきた。

   

明日22日にクワレスマ(セマナ・サンタの40日前)と言われている期間に入るのですが、その前日である今日、グアテマラでは主に学校内の行事としてカルナバルと称してイベントが行われるようです。ブラジルとかのカーニバルも今日が最終日のはずですが、カトリックの暦に従ってるイベントですね、きっと。で、うちのスペイン語の先生の娘さんが小学校のミスコンに出場したので、授業を休んで見てきた。

ミスコン出場者

先生はアンティグアの隣町のホコテナンゴのロス・ジャノスって地区に住んでいて、もちろんそこの小学校で開催されたのでバスに乗って行ってきました。バスはlos llanos行きのバスがあるのでそれに乗ります、乗る場所は自分はサン・セバスティアン公園近くから乗った。バス料金はQ2。

ある程度行く前にどこで降りたらいいかを聞いていたので問題なかった。降りてすぐ人に尋ねたら「そこ!」と、う~んでも学校の扉が開いてなくて入れないのかなぁとうろちょろしていたら他にも入りたい、まぁ彼らは生徒の家族なり親戚なんでしょうが、人たちがいてその人たちに紛れて校内へ入っていきました。

それほど大きい学校ではなかったのですぐに先生が見つかって、ミスコンも始まって間もなくの頃だったのであとはぼーっと眺めていました。この小学校は各学年3クラスでそれぞれのクラスで代表を決めたようで参加者は18人。ファイナルにすすむのが5名。ファイナル進出者を選考している間は先生や教育実習生たちが仮装してワイワイ騒いでた。

先生や教育実習生たちの仮装

去年までは、きれいなドレスを身にまといコンテストをしていたようですが、今年は「リサイクル」というテーマが設けられてそれに従い衣装を作るみたいで、先生の娘は新聞紙といってもアタバルのにある日本の古新聞で衣装を作ったみたい。新聞紙が多かったのですが他にはお菓子の袋とか、飾りでCDとかつけたりしている子たちもいました。

1人1人入場してきて、アナウンスで紹介されますがそこは小学校、「好きな教科は○○」なんて言っていました、なんか算数が多かった。他にラテンアメリカを代表する歌手の1人であるRicardo Arjonaがここホコテナンゴ出身ってのもあってfavorito cantanteのほとんどが彼でした。

で、先生の娘さんはなんとファイナルにすすんじゃってお父さん・お母さん大喜びしてました。他にも先生の母親や姪っ子がいたりして。惜しくも2位という結果だったのですが、先生の家族にとっては良い日だったのかなぁって思った。

他の学校か幼稚園のパレード

この小学校に限らずアンティグアの学校でもこのようなイベントが行われていて、↑はlos llanos到着後バスを降りたら行進してた。たぶん幼稚園かなぁっておもうけど、他の小学校の行進かもしれない。

 - 中南米の旅2011-2012 , ,