cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

ボゴタからサンアグスティンへ。

   

ボゴタからサン・アグスティンという南の町に来ました。サン・アグスティンは昔の文明の遺跡などが発掘されてる地のようです。ボゴタからはCOOMOTOR社のバスで移動しました。

COOMOTOR社はボゴタのバスターミナルのエリア1(Amarillo)にチケット売り場があります。一日何本出ているかわかりませんが、自分が乗ったのは午後9:00出発のバスです。前日に買いに行ったのですが、その時には60,000ペソと言われたけど少し交渉すると55,000ペソになりました。

もしかしたらもっと交渉したらもっと安くなったかもしれないです。コロンビアのバスはチケット売り場で値引き交渉をした方がよさそうです。あと、自分は前日に買ったけど出発間際の残りチケットとかだと最初から安い値段を提示するかもしれないですね。なんかそんな雰囲気を感じた。

バスに乗る時はチケット売り場から奥?の方に出発待合所があるのでそちらに行って各バス会社のブースに行くって感じです。COOMOTOR社はブース内に待つ座席があるので何も用事ないのならさっさと入ってそっちで待ってる方が安全です。出発待合所に入る時にも警備員がチケットの確認をします。

出発20分前くらいにバスが乗車口に着くので改札した後に預け荷物を直接預けます。午後9時に出発しますが、たぶんボゴタ市内のターミナルまたはCOOMOTOR社のオフィスに寄り他の乗客が乗ってきます。なのでボゴタを出たのは10時とかだと思います。

バスでは毛布と頼めば枕を貸してくれます。小さいジュースとお菓子が付いていました。映画などの上映もなく、ちょっとつまらなかった車内。あと、「コロンビアのバスのエアコンが強くて寒い」なんて情報をネットで何回か見たのでダウンを持ち込んだけど、ロンT、パーカーと毛布で事足りました。このバスはサン・アグスティンに着くまでに5,6回停まったと思うけど段々と乗客が減るとエアコンの効き強まるので朝方がちょっと寒かった。

サン・アグスティン着は朝の6:30の予定だったのですが着いたのは8:30ぐらいの2時間遅れ。サン・アグスティンにはバスターミナルが無くCOOMOTOR社のオフィス前で降ろされたので、6:30に着いてまだ明るくなっていない所でボーっとしてるよりはこの時間に着いたのはよかったと思う。

 - 中南米の旅2011-2012 , , ,