cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

トラベラーズチェックとUSドル現金

   

USドル現金とUSドルのトラベラーズチェックの両替をしてきました。北海道だと道銀の外貨両替プラザが有名です、札幌にはCiti BankもあるのでトラベラーズチェックだけならCitiでもいいのかなぁと思います。今回は道銀の外貨両替プラザへ行ってきました。

トラベラーズチェックとドル紙幣

トラベラーズチェックに替えるときには手数料が取られますが、Citi Bankだと口座を持ってるとその手数料が無料になるはずなんでCitiでトラベラーズチェックに両替するのがいいように感じますがCiti Bankはたしか30万円以上口座に入っていないと口座維持費1,200円だかかかってしまうんですよね。(3年前の話なので今は変わってるかもしれません)

前回はCitiでトラベラーズチェックに両替したし、残高が何十円しかないんだけどたぶん口座は残ってると思うのでCitiでまたトラベラーズチェックに両替してもよかったのですがCiti Bankのトラベラーズチェックって銘柄というか種類というかそれがCiti Bankなんですよ(わかりづらいなぁ)。そして今回の道銀の外貨両替プラザで両替したトラベラーズチェックはAmerican Express。

買い物などでトラベラーズチェックを使用する場合はそれほど問題ないと思いますが(そもそも中南米では買い物にもあまり使えないという認識ですが)銀行などで現地通貨に換金するときにはその銘柄で換金してくれたりしてくれなかったりするみたいなんです。そして3年前ですがメキシコにはCiti Bankがありませんでした、その時はAmerican Expressの窓口でCiti Bankのトラベラーズチェックを現地通貨に換金できたのですが今どうなってるかわかりません。3年前でもAmerican Expressの窓口の人が銘柄がCitiだったので取り扱えるかどうか確認はしていたので。そして、中南米ではAmerican Expressを取り扱ってくれる銀行が多いという話をネットではちらほら見かけます(実情はわかりません)。

前回のトラベラーズチェックはスペイン語学校の授業料の支払いに多くを使用したので銀行行って現地通貨に換金ってほとんどやってないんですよね。今回もトラベラーズチェックの使用はスペイン語学校の授業料の支払いが主になると思うのでCitiだったとしてもそれほど問題はないかもしれません。

USドル現金はトランジットのカナダで何か食べたり飲んだりしたい時やあとは各国へ入国後ATMが見当たらなかったときの両替用に少額用意しました。カナダドルもと考えたのですが換金率悪すぎる…空港内ならUSドルは使えるだろうと。

本日(13:45)の為替レートは以下のようになっていました。
日本円→USドル現金 79.18円
日本円→USドルT/C  77.48円(+手数料1%)

 - 中南米の旅2011-2012