cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

メデジンの街、メトロとか

   

メデジンのイメージは「パブロ・エスコバル=メデジン・カルテル」「フアネスの出身地」そして「美人が多い街」ぐらいでした。そしてコロンビアに来る前にメデジン出身の画家フェルナンド・ボテロの存在を知りました。街自体のイメージがなくて、着いたらレンガ色が広がる綺麗な街です。

ボテロ公園

メデジンにはメトロがあって、といっても地下を走っているわけではないんですが、他のコロンビアの街よりは移動がしやすい印象ですが料金が1800ペソ(80円くらい)でメキシコ・シティの地下鉄に慣れている自分にとってはちょっと高い感じです、贅沢ですね。
そして、このメトロのうりがメトロカブレといって2つの路線がケーブルカーで移動します。なのでその2つの路線の終点からやメトロカブレを乗りながら見る景色が綺麗です(まだ夜景はみていないんだけど)。

メデジンの地下鉄のホーム

メトロカブレが乗れる路線はJ線とK線でJ線が西に向かって登って行き、K線は東に向かって登って行きます。午後というか夕方にK線に乗ると逆光で見る場所によっては色が飛んで見えちゃいますし、J線の方がメデジン市街に近そうなので(まだJ線に乗っていないので推測)J線の方が見ごたえあるのかなぁって思います。ホスタル・メデジンの最寄りの駅がJ線のEstadioなので時間がない人ならJ線へ行ってみてはいかがでしょうか。

メトロカブレ

K線の終点からL線が延びていてより上には行くのですが、この路線は山の奥の方まで進みその先には自然公園みたいなのがあってそこを歩くってのが目的とされている駅なのでこの路線に乗って降りた所からメデジンを見渡せるわけではないので注意してください。しかも別料金で片道3,500ペソ。

メデジンの家

美人が多い街と聞いていて確かにかわいい子は多いし、コロンビアの他の街よりきゃしゃというか背が低い子もよく見かける。とはいえ「ドン!」って感じの子もいるのは確か、好みもあるのでこればっかりはやっぱ来て実際に見てそれぞれが判断すればいいんだと思います。

セントロと言われている所はメトロParque Berrío駅周辺でこの駅降りてすぐにボテロの彫刻が沢山ある広場があります。そこからちょっと行くとストリップ小屋などがあったり、ホームレスっぽい人も見かけるのでやばそうな雰囲気を感じたら道を外した方がいいかもしれないですね。それなりに警官も立っていますが。

地下鉄の駅から撮った街

ボテロ広場

ボテロ広場2

メトロカブレと街

 - 中南米の旅2011-2012 , ,