cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

メキシコ国立自治大学を見てきた。

   

メキシコが誇るラテンアメリカ最大規模でアメリカ大陸の大学では2番目に古いメキシコ国立自治大学を見に行きました。観光目的で訪れる場合はこの大学の校舎に描かれている絵を見ることなんですが今日は日曜日とあってゆっくり時間を過ごす家族連れが多く、憩いの場という一面もみれました。

メキシコ国立自治大学のメインキャンパス

アクセス

メトロ3号線Copilco駅またはUniversidad駅下車
主要な建物だけを見学したい場合はCopilco駅から徒歩(10分程度)で行った方が分かりやすいです。
地下鉄の駅名にUniversidadとあるのでそこが最寄りの駅と思いがちですが、観光目的だとこれが罠になります
Universidad駅下車の場合は構内を巡回する無料バスに乗ることになります。歩くと結構な距離です、構内の地図が貰えるようなので(自分は貰いそびれたけど、簡易マップを持っている人が結構いました)歩くことも含めての人なら歩いても面白いです。
また、巡回バスは4,5路線があって中央図書館などの観光目的の建物に停まらない路線もあります。バス停には必ず路線図がついていたのでそちらを確認しながら乗ってください。

気を付けたほうがいいかもしれないこと

地球の歩き方などのガイドブックを片手に行動をしてれば陥ることはないと思いますが、大学構内にはいくつかの図書館があるようで観光目的でいく図書館はBiblioteca Central(中央図書館)です。
今日は日曜日で中央図書館へ行く巡回バスは走っておらず、入口で尋ねた時にはそう言われたのだけどたまたま停留所にバスが来たので並んでいた学生に「図書館へ行く?」と聞いたら「行く」と答えたのでバスに乗ったんですよ。でもあれやあれやと折り返し地点に来てしまって「あれれ」と思って運転手に聞いたら「その図書館はこっちじゃないよ、歩いて行かないといけない」とその時はありゃりゃと思ったんですが

学生に聞いたときたしかにCentralだのUniversidadだの学生同士でなんか言っていたんですよね。で俺は何も知らずに来たからUniversidadって言ったんです。それで後でほかの人にまた道を尋ねた時にその人が持っていた簡易マップにはBiblioteca de Universidadがたしかに乗った巡回バスの路線上にあったんですよね。彼らが正しくて俺が間違っていたんですね。

このような経験するのもあまりないと思いますが、構内には図書館が2つ以上あるようなので道を尋ねるときなどはきちんとBiblioteca Centralと言った方がいいです。まぁ巡回バスなので必ず乗った場所には戻るのでそれほど大変なことにはならないと思いますが、気を付けてくださいませ。

メキシコ国立自治大学の壁画と学生

メキシコ国立自治大学の壁画

メキシコ国立自治大学の壁画

 - 中南米の旅2011-2012 , ,