cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

アンティグアで過ごしたクリスマス

   

先週末はクリスマスでした。前回の旅の時はアルゼンチンのカラファテでクリスマスを過ごしましたが今回はグアテマラのファミリーと過ごしたので以前よりもらしいクリスマスを経験しましたが雪のないクリスマスというか12月ってやっぱどっか変な感じがしますね。

Torito

こちらは午前0時が重要のようで、24日の晩飯はちょいと遅めの8時半頃に食べてそのまま午前0時まで待つ感じでした。一週間前に自分の誕生日を祝ってくれた時に今一緒にホームステイしているTaku君がバカルディを買ってきてくれて、自分の誕生日の手前注がれるままに呑んだらその後ゲロ吐きまくったので今回は控えました。とはいっても差し入れでCinzanoのシャンパンを買ったのですが、Taku君は今度はJose Cuervo(テキーラ)を買ってきました。パパJulioは地元のRonを用意していたので24日はCinzanoで乾杯してRonを呑んだのですがこのRonがちょいと大五郎っぽくて、Taku君が苦戦しておりました。

でなんだかんだで0時が近づいてきて、グアテマラでは祝い事があると必ず爆竹を鳴らします。パパJulioも用意していて0時になったら鳴らすぞ!と意気込んでおりやした。でその導火線が短いことライターで火付けたらすぐに爆発するのでちょいと危険でした。その時の模様。雑音のように聞こえる音は全部街中から聞こえてくる爆竹の音です。

普通は日曜日は飯は出ないのですがMargaritaが日曜の朝食を出してくれました。タマルというこっちの伝統的な料理を食べました。朝飯だけだと思ったら昼飯も出してくれて、その時に昨日残しておいたJose Cuervoを呑みました。塩とレモンも用意してくれて準備万端です。パパJulioは普段酒を呑んでなさそうなのですが、かなり好きで強くおじいちゃんも御年89歳なのですが輪に入ってガバガバ呑みます。俺は程よいところで飲むのやめたのですが結局パパjulioとおじいちゃんとTaku君で残りを呑んで750ml瓶を開けましたね。飯喰い終わったら爆睡っす。

午後6時になって、カトリコのイベントがあるということなので家族みんなと一緒に出掛けました。でやっていたのがToritoというなんて言ったらいいのかわかりませんが、牛をモチーフにした被り物に花火をしこたま付けて点火後走り回るというものでそれを何回かしてました。

その後は神輿みたいな行進の終着先に先回りして待っておりました。そこではステージがあったり出店があったり、日本の祭りのような感じで「あぁたこ焼き喰いてぇ~」と思わず言ってしまいました。

神輿が到着すると打ち上げ花火なども上がって盛り上がっていました。帰りに何か喰って帰ろうと出店をウロウロしていたら前回の帰国前の10日間ぐらいお世話になった、そして今はTaku君の先生のLisが出店で働いていて、Lisのパパのお店らしくそこでチョリソーサンド(正式名はわからん)を喰って帰りました。

花火

Virgen

 - 中南米の旅2011-2012 , , ,