cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

グアテマラの新聞:PRENSA LIBRE

   

グアテマラと日本の時差はマイナス15時間で現在日曜の夜です。明日、お金を引き出そうとしていたのに日銀のやろー介入しやがって日本の裏側で「んあっ!」っと絶叫しています。そんなことはさておきグアテマラの新聞PRENSA LIBREを買いました。音読用として買ったのでこれを読み切るには1週間くらいかかると思います。

グアテマラの新聞prensa libre

この新聞を買いに行ったときに他に2紙ありましたが、その2紙は日本でいうところのスポーツ新聞っぽい感じがしてこのPRENSA LIBREが一般紙にあたると思います。料金は5ケツァーレス。たぶん日曜版だけだと思いますがいろいろ小冊子が付録?として付いてきます(画像参照)。

グアテマラの新聞prensa libreの日曜版

New york timesのスペイン語版というかラテンアメリカ特化版とサッカー小冊子といろいろな内容の小冊子の3点が付録です。お得ですよね。本紙は国内、国際、文化、スポーツなど日本の一般紙と同じような内容です。今日はサッカーの小冊子一冊でギブしましたが、少しづつ音読していって(音読がメインなので内容は自分で理解できる分で流しています。)スラスラと読めるようになりたいです。

たまたまサッカーの小冊子では日本でもプレーしたことがあるブラジル人のフッキことGivanildo Vieira de Souzaについての記事がありました。今はポルトガルのポルトでプレーしていますが彼の経歴も書かれていてきちんとコンサドーレ札幌って書かれていました。コパアメリカではネイマールが不発気味でしたからフッキには頑張ってもらいたいですね。

グアテマラは昨年だったか日本代表とも戦ったことがありますがそれほど強い国ではありません。でもサッカーを好きな人は多くてこの冊子もグアテマラサッカーについて書かれていますがメインはヨーロッパサッカーの情報です。でもラテンアメリカ出身のプレイヤーにスポットを当てている気はします。面白いです、たぶん半分くらいしか理解していないですけど。

そんなんで、まだ本紙の方はざーっと目を通した程度なので今はこれ以上紹介できないのですが、まぁ他国の新聞を読むのも面白いのかなぁって思います。機会があれば一度くらい買ってみてはいかがでしょうか。

日曜日はホームステイ先ではごはんが出されないので昼飯はパン屋さんでサンドウィッチを買いました。たぶん、スペインだとボカディージョといったりメキシコではトルタスといったりするくらいの物だと思いますが、店員さんに聞いてみたらサンドウィッチと答えが帰ってきました。画像は鶏肉ですが他にハムとサラミと選べます、野菜などは同じだと思います。となりにあるジュースと合わせて21ケツァーレス(220円くらい)です。

グアテマラのサンドウィッチとジュース

明日からいよいよスペイン語の勉強が始まります。どれくらい自分には語学センスがないと凹むのでしょうか。頭が痛くなるのでしょうか。まぁ前よりはスペイン語の習得をメインとして来たので根性で乗り切れればいいのですが。。。

 - 中南米の旅2011-2012 ,