cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

注文していたブーツを取りにパストーレスへ行った。

   

先週、アンティグア近郊にあるパストーレスという村に行って注文していたブーツ2足を引き取りに今日またパストーレスに行ってきた。注文した時に木曜の午後4時引き渡しと言われたので、その時間に着こうと思ったけど雲行きが怪しくてちょっと早めに着いた。着いたらもう仕上がっていたので履き心地を確認したらすぐ受け取れた。帰りに雨が降ってきてビショ濡れにはなったんだけどね。

パストーレスで買った2足のブーツ

1足300ケツァール(約3,000円)。自分の足は横幅があるので革靴はね、ぶつかることがほとんどで痛かったりするんだけど、サイズ測っただけあってその問題はなかったし、お店によってどうなのかわからないけど、自分が注文したところは少し大きさに余裕があった。

一応サイズ測って「オーダーメイド」ってな感じだけど、細かいこと言ったら例えば縫い目が平行じゃないとかちょっと蛇行してるとかあったりするので、そういった細かいことまで気にする人には向かないかもしれない。3,000円ですから。まぁあとは選んだ革にもよるかもしれないけど、縫製するときにおさえたのか何かの痕がついていたり。お店によってはそういったところまで気が利くところもあるかもしれないけど、きっと4,000円とかそれ以上だったりするかもしれないですね。

自分は彼らは十分な仕事をしてると思うし、3,000円で本革のブーツはね、買えないでしょ。そのおかげで今俺の部屋は牛くさいんだけど・・・まぁ、ここはグアテマラですから。そんなんあんま気にならない人には「興味あるなら行ってみたら」なんて言えますが、そういった事を我慢できない方は素直に日本でお買いになられることをお勧めいたします。

最近、なんかさぁ。日本で普通とされていることかどうかはわからんが、それを日本人全てが持っている価値観だという前提で話されて、ムカつくんだよね。もちろん俺は全否定するけど、なんでちょっとトゲある文だったかな。

2足のブーツの底
グアテマラのパストーレスで買ったウエスタンブーツ

グアテマラのパストーレスで買ったワークブーツ

 - 中南米の旅2011-2012 ,