cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

アンティグア近郊のパストーレスにブーツを買いに行きました。

      2012/07/30

アンティグアの近郊にパストーレスという村があって、そこはブーツの工房が沢山あることで有名らしく、ちょっと欲しくなったんで買いに行ってみた。足のサイズを測って、デザインや革を選ぶこともできて、聞くとこによるとアメリカ人とか買い付けによく来るみたいです。

アンティグアからパストーレスへはパストーレス行きのバスが出ているのでそれに乗れば難なく着くことができます。バスはアンティグアのたぶんメルカド近くから出発してホコテナンゴを経由して向かいます(自分がいるとこからメルカドは遠いのでサン・セバスティアン公園付近から乗車した)。時間は30分もかからないかな?そんなに遠くありません。バス代は片道2.5ケツ。パストーレスに入ると通りに工房(看板や壁にブーツの絵などが描かれいる)がたくさん並んでいるのですぐわかると思います。

お店のほとんどがウエスタン・ブーツをメインに取り扱っていて、いくつかの工房では財布やジャケットも置いています。また、工房に置いていなくてもそれらの品を作れる工房もあるので財布などを作りたい人は聞いてみた方がいいかもしれないです。牛の他にワニやヘビの革でできたブーツもありました。そちらの方が値は張ると思います。

何件か入ってみて値段を聞いたら牛革ブーツだと大体300ケツから400ケツ(約3,000円~4,000円)くらいでした。サイズ測っての注文もオーダー料など取らず同じ値段で作ってくれます。自分はワーク・ブーツっぽいデザインのとウエスタン・ブーツの短いタイプの2足を注文しました。木曜日に取りに行くので早く木曜が来てほしい。

もし欲しいブーツなどのデザインが既にあるのでしたらそちらの写真などを持って行くと注文しやすいと思います。自分は特にそういったものがなくてその場で売ってあるブーツから「この部分はここの感じでこっちはこんな感じで・・・」ってな感じで注文しました。革に関してはその工房が持っている革から選択するのだけど、自分が頼んだところでは1足の方で気に入ったものが在庫になくてどうしようと考えていたら、どっかからか、たぶん知り合いの工房だと思うけど俺が気に入った素材の似たようなものを持って来てくれたりして親切にしてくれました。

出来は出来てみないとわからないけど、売り物を見る限りでは日本で2,980とか3,980とかでは買えないブーツだと思う。

 - 中南米の旅2011-2012 ,