cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

アレキパの街をぶらぶら

   

アレキパは別名「Ciudad Blanca(白い街)」と言われているらしい、某ガイドブックによると。近郊に白い火山岩がとれるらしくそこから採掘した石で建物を建設したかららしい。とはいえ、この白い街に当てはまる部分はスペインが征服していた時代に建設された建物がほとんどだと思う。今住んでいる人たちの住居は他の都市と変わらず赤褐色のレンガ・ブロックを主の建設資材としてる。

カテドラル、空の青との組合せがよいです
img_0240

カテドラルへ向かう道。この日は何かのお祝?かで道が装飾されていた
img_0239

ペルーでは町の中心にある公園・広場をアルマス広場(Plaza de Armas)ということが多く、アレキパもアルマス広場を中心に歴史的な建物が広がっています。

img_0241

スポンサーリンク

広告

中心部は白い街という呼び名のとおり白い石材で建物がつくられていて、コロンビアから南下してきて赤褐色な建物ばかりを見てきた自分にとってはとても綺麗でした。そしてここアレキパの気候は晴天の日が多く、青い空に白い建物がとても映えます

アルマス広場を中心にこんな道の景色が数ブロックつづく
img_0242

主要な建物などには必ずと言っていいほど国旗を掲げている、あと州旗とかも。
img_0244

こういった景色はメキシコのサンクリやエクアドルのクエンカ、グアテマラのアンティグアなどなどよく見るコロニアル様式。でもコロニアルという言葉は「植民地」という意味が含まれているのであまり口にしたくないんだよね。
img_0248

某ガイドブックの写真にありそうな一枚
img_0267

アレキパはほぼ四方に山があって盆地な地形です。人口が約90万人でそれなりに車が往来しているので排気ガスなどの影響かな?晴天でもアレキパを囲む山々が霞んだりすることもあります。ミスティ山(5,822m)、チャチャニ山(6,075m)などの山が有名らしいのですが、どれがどの山だかわかってません。

アレキパの街を流れるチリ川。街の外は砂漠か荒野なのにこんなに水量のある川でビックリ。おそらくこの街があるのもこの川、水のおかげではないだろうか
img_0262

中心部からはちょっと離れている(歩いて行ける距離にはある)けどヤナウアラ(Yanahuara)という公園があってそこにミラドール(展望台)もあって行ってみたけど、展望台といえるほど?な感じ
img_0254

ヤナウアラのミラドールから。山が霞んでいるし、正直、宿の屋上からの方が綺麗な気がする
img_0256

宿には屋上があるので、それらの山々をみながらボーっとしたりもしています。

宿が中心部からちょっと離れている(バスで20分くらい)のと、夕食付な宿なので、夜に中心部に今のところ行っていないので夜の治安は分りませんが、昼間に関してはそれほど危ない感じはしないです。日曜日も歩いたんですが、たしかにお店の半分くらいは開いてなかったけど欧米の観光客もけっこういたりと、ひと気がないということではなかったです。

 - 中南米の旅2016-2017 ,