cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

アリカの街をぶらぶらとアリカの宿

   

チリ北部ペルーとの国境の近くにある港町アリカ。港はありましたが漁港というよりは貿易港の色が強かった。浜にはいくつかの遊泳可能のビーチもあった。1ヶ月もの間、乾燥した気候のアレキパにいたので浜の湿気をとても感じた。アリカの街には5泊したんだけど観光目的なら2,3日あればいいのかなぁって思うくらいかな、のんびりするなら浜でぼーっとできるけど・・・日差しは強いっす。

img_0355

アリカの街にはアリカ要塞(Morro de Arica)と言われている場所があるんですが一見は、自然要塞だったんだろうけど要塞というゴツいイメージはあてはまらない。滞在中は午前中に曇ってることが多く、午前中に登って少し晴れるのを待っていたので行くのにそこまでしんどさは感じず。海抜が低い街なのでとうぜん高山病とかの心配もいらない。ただ晴れ間に登るなら日差しが強いのでを持って行った方がいいかも。

奥に見える丘がアリカ要塞
img_0369

登るといくつかのベンチがありアリカの街を一望できた、また頂上には歴史軍事博物館もあるんだけど有料そうだったので入らなかった。ボリビアおよびペルーとチリが戦った太平洋戦争で戦死されたチリ兵への慰霊碑があったり、大きいキリスト像があったり、あとは要塞らしく大砲があったりした。

img_0352

アリカ要塞の頂上へは車でも行けるので、パラパラとカップルや家族を見かけたりもしてて、頂上からの眺めがいいので観光客以外にも市民が来たりもしているようだった。

img_0366

街の中心部にはコロン広場があってそれに面してカテドラルもあるんだけど行ったときは工事中でした。いままで見てきた石造りのゴツいものではなくかわいらしい感じのつくりだったので工事フェンスがない状態で見てみたかった。

コロン広場と奥に見えるのがカテドラル
img_0370

アリカは海に面している街ようするに浜の町だ。遊泳可能なビーチがいくつもある、宿から近めのビーチに足を運んだ。

img_0384

ビーチには子供用の遊具や鉄棒つり輪などのトレーニング器具、現在は使われてなさそうだけどクライミング壁もあった。ただ何度も行っているけど日差しが強い。。。海パンも持って来てなかったのでボーっとしてるか懸垂をしていた。平日はそんなに人がいなかった。

img_0378

ガバばかりだったのでロープなしでもこれくらいなら登れそう子供用かな?
img_0377

海岸に沿ってこんな感じの通りがあったり
img_0373

テトラポットにこんなペイントが。センスのいいものもあったけど汚ったねぇ落書きっぽいものもあった
img_0372

スポンサーリンク

広告

アリカの宿「Residencial Tres Soles」

img_1127

Booking.comで予約した宿。バスターミナルからは通りを挟んで1ブロック入るけどほぼお向えさんなので、夜遅く到着や朝早く出発にはいい感じ。中心部からはちょっと遠いけど歩いて30分くらいで中心部には行ける。

個室シングルでバスルームは共有。料金は9,114チリペソ(1,613円くらい)端数は税金っぽい。部屋にはテレビがあって結構なチャンネル数があった。WiFiあり、シャワーも温かかった。

オーナーのアドルフォさんがとてもいい方。英語も話せます。自分はスペイン語で話したけど、アリカの観光についてから近くのうまい飯屋や商店の場所などなど親切丁寧に教えてくれた。朝食は有料にて提供してくれる。ラウカ国立公園ツアーの申し込みも頼んだ。

ハウスルールがきちんとされていて、手洗い自炊や部屋での飲食(アルコール)が禁止されていて手洗いに関しては罰金も発生する。ただこれは事前に説明してくれるし部屋の扉にもきちんと貼られている。

img_0448

 - 中南米の旅2016-2017 ,