cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

アンティグア(グアテマラ)の物価

      2016/06/21

IMG_0033

アンティグアの物価です。
ここにきて1週間が経ちますが、ホームステイをしているので外食はほとんどしてなかったり、買い物もそんなにしていないので限られた物の価格になりますが、ご参考までに。

グアテマラの通貨はケツァール。1ケツァールはイギリスのEU離脱問題で円高になってる現在は13円台のようですが、自分がお金をおろした時のレートは14.8円(手数料込)。タイミング悪かったっす。

アンティグアで買ったものの価格

ホームステイの料金 月から土は毎日3食出されて500ケツァーレス。
タバコ(PALL MALL) 一箱15ケツァーレス。マルボロは25ケツァーレス。
新聞(PRENSA LIBRE) この新聞の日曜版は小冊子も入っててちょいとお高め。5ケツァーレス。
マフィンとアップルパイ タバコの箱と比べてわかると思いますがちょいと小さ目。合わせて3ケツァーレス。
コーヒー 買ったお店はお高めのお店、ただきちんとしたコーヒーを出してくれる。世界的に有名な某カフェのコーヒーなんかよりは自分は好き。13ケツァーレス。
600mlのコーラ 7.5~8ケツァーレス。
その他の600mlの炭酸飲料(スプライトやファンタ) 7~7.5ケツァーレス。

スポンサーリンク

広告

2012年と比べて

グアテマラでの物価の上昇は前回来た2012年と比べて、あまり変わっていない印象です。タクシー代とかは上がってそうですが、食べ物に関しては庶民的なものの価格の上昇はケツァールで考えると大きく見られません。

ただ、日本円で考えると
2012年は、民主党政権下の超円高時代でしたので1ケツァールが10円くらいだったはずで、これだけでその当時と比べると現在は1.3~1.5倍となります。

それは覚悟の上できているのですが、思っていたほどのケツァールでの物価上昇がない感じです。

 - 中南米の旅2016-2017