cielosinfin.com

現在、3度目となるラテンアメリカ(中南米)の旅?というかブラブラと現実逃避しております。

チャン・チャン遺跡に行ってきました。

   

トルヒージョ近郊には遺跡がいくつかあるみたいです。その中のひとつのチャン・チャン遺跡に行ってきたので行き方と様子を書いていきます。

chanchan

行き方は、ウアンチャコ行きのコレクティーボに乗って途中下車します。
コレクティーボに乗った時に「チャンチャン遺跡で降りたい」とドライバーなりアジュダンテ(行き先を叫んだり料金を回収する人)に言えばチャンチャン遺跡の入り口へ向かう通りの前で停まってくれました。料金は1ソル

コレクティーボなどが通っている幹線道路沿いにチャンチャン遺跡の入り口はなく、降りてから歩くタクシー(タクシーが待ち構えていたり)で入り口まで行かなければなりません。歩いたら20分くらいですかね。

img_0150

チャンチャン遺跡の入り口に着くとお土産売っていたり、ほとんどがツアー客でご年配のおそらくアメリカ人たち。彼らには英語のガイドがついておりました。

入場料は10ソル。この入場券はチャンチャン遺跡のほかにチャンチャン博物館、Huaca Arco Iris, Huaca La Esmeraldaにも入場できる券のようです、Huaca Arco Irisはドラゴンのワカ?、Esmeraldaはエメラルドのワカ?にあたると思います。よくわかんないけど。

入場券には券を購入した日付のスタンプは押されますが、おそらく全部を一日で巡るのは難しいので数日に分けてもつかえるかなぁと思いますが試していないのでわかりません。位置的にはチャンチャン博物館とエスメラルダはチャンチャン遺跡に近そうですが、アルコイリスは遠いと思う。

スポンサーリンク

広告

チャン・チャンはチムー文明・王国の首都のようで、チムー王国は850年頃から1470年頃まで存在したそうで、1986年に世界遺産に登録されたみたいです。

img_0170

レリーフがかわいい。
img_0154

レリーフがかわいい。
img_0152

レリーフがかわいい。
img_0161

レリーフがかわいい。img_0163

レリーフがかわいい。
img_0160

レリーフがかわいい。
img_0164

こんなかんじでした。太陽のワカ月のワカといわれる遺跡も有名らしいのですがチャンチャン遺跡とは位置が逆方向にあるみたい。チャンチャンと太陽・月のワカを一日でも回れるのかなぁ?巡れそうですが歩くし日差しが強いので大変じゃないですかね?とおっさんなんでそう思う。

ふと感じたんだけど。8年前にマヤの遺跡をそこそこ見歩いたときのテンションになぜならないのかなぁ?って。それはおそらくロケーション。遺跡自体がなんなのかより、その遺跡の周りにどんな自然があるのか?そしてその自然とどう融合しているのか?とかとか。そういったことに自分は興味があるのかもしれない。ここチャンチャン遺跡は砂漠に近い環境で、当時がどういった環境だったかは知らない、砂漠の地で栄えたのならそれはそれで厳しい自然の中で繁栄したという浪漫も感じるんだけど。

目に入ってくる光景はやっぱ色が一色だし面白味がないんだろうね。自分にとって。

明日、トルヒージョの町を離れペルーの首都リマへ行きます。ペルーで1,2を争う?くらいクラスの高いバス会社Cruz del Surのバスに乗って。朝出て夕方に着く昼移動なんで車窓からの風景を楽しみたいですが、進行方向左側の座席なので山側なんだよね。仕方がない割引チケットだから。

 - 中南米の旅2016-2017 ,