小樽

【小樽駅周辺カフェ】Coffee House CHAFFの自家焙煎コーヒーがおいしい

投稿日:

小樽駅から徒歩6分のカフェCoffee House CHAFF

JR小樽駅から徒歩6分のところにあるカフェ「Coffee House CHAFF」を紹介します。

Coffee House CHAFFの簡単な特徴はこんなかんじ。

CHAFFの簡単な特徴

・自家焙煎のコーヒー
・コーヒー豆の販売
・コーヒーを引き立てるデザート
・店内禁煙
・ジャズが流れてて雰囲気がいい

Coffee House CHAFFのコーヒーは香りや酸味を感じやすいコーヒーでした。

大手のアメリカ系コーヒーチェーン店やコンビニコーヒーは深煎りしすぎ
コーヒー豆本来の香りや味・酸味を楽しみたい

コーヒーについてこんな風に考えている人には合いそうなコーヒーを提供しているカフェです。

それでは、もう少し詳しく書いていきましょう。

Coffee House CHAFFの特徴

Coffee House CHAFFのコーヒーは自家焙煎のコーヒー豆をハンドドリップして提供しています。

自家焙煎のコーヒー豆の煎り方は浅い方で酸味を感じるコーヒーです。

Coffee House CHAFFオーナー

「苦いコーヒーが好きな人にはうちのコーヒーは合わないかも」
「小樽の人は苦いコーヒーが好きだから観光客(外国人も含め)のお客さんの方が多いかも」

仕入によって変化はあるみたいですが、私が行った日のCoffee House CHAFFで取り扱っていた豆の種類は

・エチオピア
・グアテマラ
・ケニア
・コスタリカ
・タンザニア
・ブラジル
・ルワンダ

店内で出されるコーヒーと販売されているコーヒー豆は同じようです。

そしてCoffee House CHAFFのコーヒー豆は仕入先の国名だけではなく、農園や地域もメニューに記載されています。

小樽Coffee House CHAFFのコーヒーメニュー

私が頼んだのはグアテマラ(450円)とチーズケーキ(300円)

グアテマラのコーヒー豆はもともと酸味があるといわれていますが、嫌な酸味ではなく浅煎りによる豆本来の持つ酸味を感じれて美味しかったです。

小樽Coffee House CHAFFで飲んだコーヒー

サービスでエチオピアの豆の水だしコーヒーをいただいたのですが「これコーヒーなの!?」と思うくらいフルーティーな香りのコーヒーでした。

私はコーヒーは温かいものと決めているのですが、水だしコーヒーすごくおいしかったです。

私が行ったときにはほかのお客さんがいなくてオーナーとお話をする機会があったのですが

「コーヒーの味はスタバなどの深煎りのコーヒーやエスプレッソをお湯で割るアメリカーノだけじゃない!」

といったオーナーのコーヒーへの愛や情熱みたいなものを感じました。

そういったこともあってCoffee House CHAFFにはエスプレッソマシーンがなく、すべてのコーヒーはハンドドリップになります。

店内はジャズが流れていていい雰囲気

小樽Coffee House CHAFFカフェ内の様子

Coffee House CHAFFは2017年2月にオープンした、こじんまりとしたカフェです。

テーブル席が3つとカウンター席があります。

Coffee House CHAFFのオーナーの好みだと思いますが、カフェ内ではジャズがながれています。

棚一杯に音楽CDがあったり、パソコンから音楽をかけるのではなくオーディオ機器をそろえています。

ほかのお客さんがいなかったのもあると思いますが、落ち着いていてとても雰囲気がよかったです。

Coffee House CHAFFの所在地

営業時間 12:00-18:30(ラストオーダーは18:00)
定休日 毎週水曜日
住所 〒047-0032
小樽市稲穂3丁目11番1号
小樽中央市場ビル1棟
TEL 0134-64-1359

注意ポイント

Coffee House CHAFFは小樽中央市場ビル1の北側通り(セブンイレブンとの間の通り)に面しています。小樽典礼斎場との間の通り側ではないので注意してください。

さいごに

Coffee House CHAFFを見つけたきっかけはコーヒー豆を買いたかったから。

それまでは可否茶館でコーヒー豆を買ったりしていたのですが「小樽で個人経営のカフェで自家焙煎のコーヒー豆を売っているところってないんだろうか?」と思ったのが探すきっかけ。

偶然に見つけたCoffee House CHAFFですがコーヒーにこだわり持っていて、いいカフェを見つけれたなぁと思っています。

もちろん帰りにグアテマラの豆も買いました。

私はコーヒーへのこだわりってなくて、コーヒー豆の種類を選ぶのも行ったことのある国のものかどうか。

スタバやコンビニコーヒーなどの深煎りやアメリカーノとは違うコーヒーを飲みたいなぁって思っていたのもあるので、いいタイミングでCoffee House CHAFFにお邪魔できたと思います。

スポンサー

-小樽
-

Copyright© アスタラビスタ Hasta la vista , 2018 All Rights Reserved.