旅行のお役立ち情報

海外用プリペイドカードのメリットと比較

更新日:

海外旅行をするうえで「お金」の管理をどうするか?迷うところですよね。現金、クレジットカード、デビットカード、国際キャッシュカードなどがある中でここ数年利用者数を増やしているのが海外用プリペイドカードです。

海外用プリペイドカードと聞いてピンとこない人もいるかもしれないので、どういったカードなのか?などを説明していきたいと思います。

三井住友トラスト・カード

海外用プリペイドカードとは?とそのメリット

海外用プリペイドカードとは、事前にお金をカード(専用口座)に入金しておいて、その入金額を限度額として海外でお買い物の支払いやATMで現地通貨の引き出しができるカードです。

VISAやMasterCardのクレジットカードと同じようなことができますが、あくまでも入金額の範囲内なのでどちらかというとデビットカードに近い機能を持つカードになります。

海外用プリペイドカードのメリット

セキュリティとカード取得のしやすさが大きなメリットです。

セキュリティ面

スキミングなどでカードが不正利用されても入金している金額のみの被害で済みます。クレジットカードなら限度額、デビットカードならその銀行口座に預金してる分を不正に引き出される恐れがあります。

短期の旅行でも海外へ行くときにはクレジット・デビットそしてプリペイドカード問わず2,3種類は持っていた方がいいと思うので、予備カードとして持っていくのも一つの方法です。

カードの取得のしやすさ

ほとんどが無審査でカードが取得でき、申し込みに年齢制限が無ないプリペイドカードもあります。(年齢制限があるところでも15歳以上だったり)

クレジットカードを持ちたくない人
クレジットカードの審査が通らない人

といった人には都合の良いカードになります。

国際キャッシュカードだけではダメ?

国際キャッシュカードとは「PLUS」マークがついている銀行のキャッシュカードなのですが、このサービスを停止している銀行が増えています。国際キャッシュカードに代わるように出てきたサービスが海外用プリペイドカードだったりします。

国際キャッシュカードでは、カード支払いができないため現地でネットでの飛行機やホテルなどの予約もできないのが大きなデメリットだったりします。

そういった面からも海外用プリペイドカードではVISAまたはMasterCardなどの番号が付与されているので、ネットでのカード決済ができます。(支払い回数は一回払いになります)

クレジットカード(デビットカード)と海外用プリペイドカードの併用が理想

クレジットカードと海外用プリペイドカードの併用の場合はどちらをメインとして利用するかで海外用プリペイドカードにチャージする金額も変わってくると思います。

一方、デビットカードと海外用プリペイドカードの併用の場合はデビットカードがメインに利用すると思うので、何かあった時のための金額(日本への航空券を買える分くらい)をチャージしておけば気持ちも楽になると思います。


中南米を旅していた時にこの海外用プリペイドカードを利用していた人、結構いましたよ。海外用プリペイドカード利用者は防犯意識が高かったように感じました。

海外用プリペイドカードの比較

海外用プリペイドカードのサービスは現在多数ありますがその中から4社の海外用プリペイドカードを紹介します。

マネパカード キャッシュパスポート JTB MoneyT Global GAICA Flex
入会・年会費 無料 無料 無料 無料
年齢制限 15歳以上 なし 13歳以上 13歳以上
入金手数料 無料 入金額の1% 無料 無料
現地ATM
引出手数料
通貨による
(2ドル相当)
通貨による
(2ドル相当)
200円 無料
為替手数料 無料
(または3%
無料
(または4%
5% 4%
対応カード MasterCard MasterCard VISA VISA

Manepa Card マネパカード

マネパカードは、主にFXを取り扱う「マネーパートナーズ」が発行しているカードで、6つの外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)を1枚のカードにチャージできます。

マネパカードの特徴

チャージした外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル)をその通貨圏で利用する場合は為替手数料が無料
各種手数料が日本最安レベル
50万円まで保証されるカードショッピング保険がついてる
日本でも利用できるので残高の清算が不要

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルが使える国への渡航する人たちには、マネパカードはかなりのコストパフォーマンスのよいプリペイドカードになります。

中南米の旅だと、エルサルバドルやパナマ、エクアドルなどでは米ドルが使えますが、ほかの主要な国はチャージできる通貨以外の通貨になるので3%の為替手数料がかかります。(事前に米ドルをチャージしておく必要があります

MasterCardの加盟店またはMasterCard対応のATMで利用できます。

日本国内でも利用可能

ほかの海外プリペイドカードの場合、残高が余ってしまっても仕方がないと「使い切ろう!」と無駄遣いしたり、チャージの時にどのくらい入金しようが悩んでしまいがちですが、マネパカードの場合は日本国内でもマスターカードとして利用できるのでそういった心配がなくなります。

なお、日本国内で利用する際はチャージした外貨を円に再両替(外貨から円への両替手数料は無料)するなどの手続きをする必要があります。

マネパカードの詳細を見る

マネパカード

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートはMasterCardグループの会社が提供する海外専用トラベルプリペイドカードです。

キャッシュパスポートの特徴

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9つの通貨が1枚のカードで持ち歩くことができる
Tポイントがたまる
海外のMasterCardや銀聯の加盟店で利用もできる
スペアカードを無料発行
審査も年齢制限も不要

キャッシュパスポートは9つの通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)を1枚のカードにチャージができ、チャージした外貨の通貨国での利用には為替手数料がかからないです。マネパカードと比べるとNZドル、カナダドル、シンガポールドルが増えています。

ニュージーランド、カナダ、シンガポールへ渡航の方はキャッシュパスポートがおすすめです!

スペアカードが初回申込時に1枚無料で発行される

初回申し込み時にオリジナルカードとは別にスペアカードが無料で発行されます。(暗証番号はオリジナルカードと違う番号が設定されます)

旅行中にカードを盗難・紛失しても引き続き渡航先でカード利用ができます。(不正利用防止のため旅行中スペアカードが利用できても紛失連絡はした方がいいです)

中南米は危険なイメージがあるので「備えあれば」なんて思う人も多いと思いますが、実はヨーロッパの方がスリの手口が巧妙なので盗難確率はヨーロッパの方が多いような気がしますので、どこへ行くにしろスペアカードが無料で発行されるのはとてもお得な気がします。

Tポイントが200円毎に1ポイント貯まる

Tポイント利用者にはお得なサービス、ポイント変換率は200円に1ポイントなので0.5%になります。

キャッシュパスポートの詳細を見る

JTB MoneyT Global(マネーティーグローバル)

JTB MoneyT Global(マネーティーグローバル)は、大手旅行会社JTB発行のプリペイドカードです。

JTB MoneyT Global(マネーティーグローバル)の特徴

海外のVisa加盟店利用できる
24時間日本語で対応のコールセンターがサポート
世界40都市にある「JTB海外トラベルデスク」で日本語でサポート
危険回避情報メール配信サービス

JTBが発行しているプリペイドカードなので、手厚いサポートが最大の特徴です。コールセンター以外にも指定された現地のJTBトラベルデスクでも対応してくれるのはありがたいです。

危険回避情報メール配信サービス

海外で使えるプリペイドカードとしては日本初のサービス

会員向けに海外での自然災害、伝染病情報、治安情報などの危険回避情報を無料でメール配信するサービスです。(※危険情報メール配信サービスは、事前に渡航先の国や地域を予め登録することで海外現地の危険回避情報がメール配信されます。)

JTB MoneyT Global(マネーティーグローバル)の詳細を見る

GAICA Flex

GAICA Flexは、新生銀行グループ(アプラス)が発行している海外プリペイドカードです。

GAICA Flex新生銀行の本人名義の口座を持っている人向けの海外用プリペイドカードです。新生銀行に口座の持っていない人はFlexがつかないGAICAのプリペイドカードがありますが、受けれるサービスはイマイチです。

GAICA Flexの特徴

Visa payWaveに対応
オートチャージ、毎月定額チャージが手数料無料でできる
払い戻し手数料が無料

Visa payWaveに対応

Visa payWave とは電子マネーの一種でICカードをカードリーダーにかざすだけで決済できます。Suicaや楽天Edy、WAONみたいなものと同じ仕組みです。Visa payWave対応ならば海外はもちろん国内のお店でも利用が可能です。

ロンドンの公共交通機関用オイスターカードの代わりやシンガポールのタクシーなどVisa payWave対応の交通機関で利用できます。

オートチャージ、毎月定額チャージが手数料無料でできる

オートチャージは、カードご利用後のカード残高があらかじめ指定した金額を下回った場合に、事前に指定した金額を新生銀行の口座から自動的にチャージする機能です。

毎月定額チャージは、毎月の指定した日に、指定した金額を自動的にチャージする機能です。

これらの機能は、海外に留学させている子供を持つ親御様にはとても便利な機能ではないでしょうか?

払い戻し手数料が無料

使いきれなかったカード残高は、払い戻しすることができます。GAICA Flexの場合は払い戻し手数料も無料(GAICAプリペイドカードの場合は500円+税)

GAICA Flexの詳細を見る

まとめ

筆者の場合、MasterCard か VISA どちらが渡航先で優位に利用できるかを考えます。最近はその差が少なくなってきていると思いますが、以前はラテンアメリカではVISAの方が使い勝手が良いとされていたり、おそらくほかの地域でもそういったことがあると思います。それと本人の好み。

手数料や帰国後もカードとして利用可能なマネパカードが便利な海外プリペイドカードな気がします。

新生銀行の口座をもっている前提ですが GAICA Flex も為替手数料で劣るぐらいでVisa payWaveが付いているのは今後使い勝手を良くしてくれるような気がします。またチャージ払い戻しが気軽にできるので国内でも使える幅はこちらの方が大きいように思います。

新生銀行のキャッシュカードは国際キャッシュカードの機能を持っていたのですが2018年12月8日に終了予定だったり、楽天銀行のVISAデビットの年会費が値上げ予定だったりと、世の中の流れなのか入会・年会費が無料な限り海外プリペイドカード市場は大きくなっていきそうなので、いきなりサービス終了みたいなことは起こらないので海外旅行を予定されている方は持っていても損はないのかなぁと思います。

スポンサー

-旅行のお役立ち情報
-,

Copyright© アスタラビスタ Hasta la vista , 2018 All Rights Reserved.