旅行のお役立ち情報

海外用プリペイドカードとは?そのメリットとデメリット

投稿日:2018-07-15 更新日:

海外旅行をするうえでお金の管理をどうするか?迷うところですよね。

短期の海外旅行だと旅行先の通貨を事前に日本で両替して現金だけでも旅行は可能です。

しかし、長期の海外旅行だったり短期でも複数の国へ旅行する場合は現金の両替を入国するたびにするのも一苦労です。

そして、特に長期の海外旅行だと大量の現金を持つのがとても不安ですよね。

クレジットカード、デビットカード、国際キャッシュカードのどれかを海外旅行に持って行って現地でキャッシングするのがとても便利でトラベラーズチェックが廃止された今はこの形が一般的です。

そして、最近クレジットカード、デビットカード、国際キャッシュカード以外に海外用プリペイドカードの利用者が増えているのはご存知ですか?

海外用プリペイドカードと聞いてピンとこない人も多いと思います。

海外用プリペイドカードとは何か?そしてそのメリットやデメリットを紹介します。

海外用プリペイドカードとは

海外用プリペイドカードとは、海外旅行をする前にお金をカード(専用口座)に入金しておいて、その入金額を限度額として海外でお買い物の支払いやATMで現地通貨の引き出しができるカードです。

VISA や MasterCard のカード番号が与えられているので、限度額(事前に入金した額)まではクレジットカードと同じような使い方ができます。

しかし、分割払いができず、すべての支払いが一括払いになります。

海外用プリペイドカードはクレジットカードよりはデビットカードに近い機能のカードです。

海外用プリペイドカードのメリット

  • カード取得に審査がない
  • 入金額以上の散財はできない
  • 日本にいる家族などが追加チャージできる
  • ヘルプデスク(トラベルデスク)が使える

ほとんどの海外用プリペイドカードは無審査で取得が可能

イチゴ
クレジットカードの審査の通らない人でも取得が可能なんだ

海外用プリペイドカードのほとんどが無審査でカードが取得できます。また年齢制限が無ない海外用プリペイドカードもあります。(年齢制限があるところでも15歳以上

海外用プリペイドカードは旅行用だけではなく、留学をする中学性・高校生などにも便利なカードです。

関連
マネパカード
マネパカードの作り方・新規申し込み方法の紹介と届くまでの日数

海外プリペイドカードの「マネパカード」をWebで新規に申し込んでみました。 マネパカードを新規に申し込みをする時に必要なもの、申し込みの流れ(画像付き)や申し込みのあとマネパカードが届くまでの日数を紹 ...

続きを見る

無駄遣いができない

海外旅行をすると、日本にはないかわいい雑貨や服などに出会います。

海外にいることで心も大きくなって予定よりも買い物をしすぎてしまう事ってありますよね。しかもクレジットカードだと買えちゃう!

イチゴ
毎回、日本に帰ってきて利用明細を見てビックリしちゃう

海外用プリペイドカードでは入金額以上の買い物やキャッシングができないので無駄遣いすることもないですね。

また、カードを盗難されて不正利用されても入金額以上の被害がありません。

日本にいる家族などが追加で入金ができる

旅行中やお子さんが留学中にカードに入金してあったお金の残高が足りなくなることも考えられます。

事前に登録が必要な場合もありますが、海外用プリペイドカードの専用口座に家族が追加で入金が可能です。

毎月自動的に事前に決めた金額を海外用プリペイドカードの専用口座に振り込む機能のあるカードもあります。

イチゴ
追加の入金ができると何かあった時に安心

ヘルプデスク(トラベルデスク)が使える

クレジットカードのサービスによくある、ヘルプデスク(トラベルデスク)というサービスが利用できるカードもあります。

このヘルプデスク(トラベルデスク)はカード利用の問い合わせのほかに旅行先でのトラブルの時にもサポートしてくれます。日本のコールセンター以外に指定された都市にあるヘルプデスク(トラベルデスク)の利用も可能だったりします。

イチゴ
現地の言葉がわからなくても安心

海外用プリペイドカードのデメリット

  • 旅行前の事前の入金が手間がかかる
  • 入金するときに手数料がかかるカードがある
  • 日本国内で使えないカードがある
  • 盗難などで不正利用された時の補償がないカードがある

旅行前の事前の入金が手間がかかる

クレジットカードやデビットカードに比べて、海外用プリペイドカードは事前にカードの専用口座に入金しないといけません。

お持ちの銀行などからインターネットで振り込みが出来るならそれほど手間ではなりませんが、ATMなどから振り込む場合は面倒ですし、すぐに振り込みが反映されないこともあるようです。

フレサ
インターネットバンキングに慣れていたらそれほど面倒じゃない

入金するときに手数料がかかるカードがある

海外用プリペイドカードの専用口座に入金するときに入金手数料がかかるカードがあります。入金手数料をとらないプリペイドカードもあります。

入金手数料がかかる場合は、事前に海外旅行中にいくらお金を使うか考えたうえでまとめて入金した方がいいです。

フレサ
海外用プリペイドカードを選ぶ時にチェックしたほうがいいかも

日本国内で使えないカードがある

海外用プリペイドカードなので国内で利用ができないカードが多いです。

しかし、日本国内で利用できるカードも実はあります。

盗難などで不正利用された時の補償がないカードがある

海外用プリペイドカードの不正利用に対しての損害の補償がなく自己負担になります。

最大のデメリットですが、紛失や盗難には十分気をつけて管理して、もし万が一被害にあった場合は速やかにプリペイドカード会社に連絡して使用ストップをしてもらう必要があります。

カード会社によっては紛失盗難の連絡をした時点で口座に残っている金額を補償してくれることもあります。

フレサ
プリペイドカード管理には十分注意したほうがいいかも

さいごに

クレジットカードを持ってる人は特に必要がないかもしれません。でも諸事情でクレジットカードを持てない・持ちたくない人も多くいます。

今まではそんな人にはデビットカードや国際キャッシュカードがありましたが、海外用プリペイドカードが出てきて国際キャッシュカードのサービスを停止する銀行も増えてきています。

デビットカードも金融機関によっては年会費の値上げをしているところもあり、以前より使いづらくなってきています。

デビットカードや国際キャッシュカードのサービス停止や維持費が増えて、海外用プリペイドカードのほうが使いやすくなってくるかもしれません。

ほかの国はわかりませんがラテンアメリカにかんしては、ATMのカード読み取り機が日本より雑なのかカードが傷つきやすく、磁気部分の傷み方が早く磁気不良で読み込まなかったりすることもあるみたいです。

そういった理由からクレジットカードを持っていても海外用プリペイドカードを選ぶ人もいますよ。

-旅行のお役立ち情報
-,

Copyright© シエロ・しんふぃん , 2018 All Rights Reserved.