旅行のお役立ち情報

海外旅行のおすすめアイテム「旅の指さし会話帳」

投稿日:2018-08-08 更新日:

旅の指さし会話帳」という本をご存知ですか?

多くの書店では海外旅行関連のコーナーに旅の指さし会話帳が置かれていると思うのですが、旅の指さし会話帳は「地球の歩き方」や「るるぶ」などのガイドブックではなくて、イラスト付きの旅行会話集なのです。

いろいろな海外旅行の会話集が売られていますが、私が旅行で出会った世界一周などの旅行をしているバックパッカーの間では旅の指さし会話帳は「本当に役に立つ会話本」として認識されています。

実際、中南米を旅行しているときに泊まった日本人宿には「旅の指さし会話帳」を置いてありました。

英語を話せる人には「英語は世界共通語だからどこへいっても大丈夫」なんて考える人も少なくないと思います。

しかし、英語圏以外の国で英語を話せる人は観光名所や外国人観光客の出入りが多い飲食店やそのほかのお店などで働いている人や自身が海外旅行の経験をもつ人などで、それ以外で英語を話せる人は本当に少なかったりします。

短期旅行者や長期旅行者でも世界中のいろんな国を旅行する人にとっては覚えたい言語以外をいちいち勉強してても面倒なので旅行会話集はとても便利です。

手軽に指さしだけで相手に伝えることができる旅の指さし会話帳は海外旅行に持っていくおすすめアイテムのひとつです。

海外旅行の会話集はたくさんの種類が売られているけど、なぜ旅の指さし会話帳の評判がいいのか?

旅の指さし会話帳というだけあって指さしだけで話相手に通じるように設計されている

旅の指さし会話帳では本をひらいて指さしして言いたいことを伝えれるように設計されています。そして、もっと重要なのが「話相手も指さしして伝えること」ができるということです。

話相手が口頭で答えてくれても何を言ってるかわからなければ意味がないですから、旅の指さし会話帳は話相手も指差しして答えれるような作りになっています。

イラスト付きで双方が理解しやすい

双方が指さしして会話できるようにイラストが多く書かれています。現地の人でも理解できたり、おもしろそうと思えるイラストやデザインになっているので、話相手(現地の人)が答えるときにも探しやすく作られています。

その国独自の表現が書かれている

スペイン語の例えですが、スペイン語はスペイン以外に多くの中南米で話されている言語なので国によって方言みたいな独特の言い回しや単語があります、旅の指さし会話帳はそれにも対応しています。

旅の指さし会話帳のスペイン語圏はスペイン、メキシコ、アルゼンチン、キューバ、ペルーの5か国が販売されています。

観光名所などはその国のものを紹介しているので当然違いますが、一般的なあいさつや物の名前もその国独自の言葉やフレーズで紹介されています。

覚えているものでは「豚肉」はスペイン版では cerdo ですが、ペルー版は chancho など、その国の言い回しなどを覚えたいときも便利です。(それ以外の会話集ってほとんどがスペインのスペイン語の言葉やフレーズだったりする)

旅の指さし会話帳をもっと詳しく知る

本、電子書籍、アプリなど各媒体で販売されているから便利

旅の指さし会話帳シリーズは1998年に「旅の指さし会話帳1タイ」が刊行されて現在は「旅の指さし会話帳82イスラエル」まであります。

書籍のほかにamazon kindle版などの電子書籍やiPhone, Android のアプリでも販売されていて、各々の旅行スタイルに合わせて選ぶことができます。

アプリ版では音声も出るので、旅行アイテムから語学勉強の教材まで幅広く使えるようになっていますね。

文庫本サイズの旅の指さし会話帳miniシリーズではハローキティとコラボしている「旅の指さし会話帳mini YUBISASHI×ハローキティ」などもあります。

2018年8月時点での旅の指さし会話帳シリーズを軸とした実績は書籍発行部数累計510万部・アプリ累計370万ダウンロード超・電子辞書累計460万台搭載のようです。

イタリアに指さし会話帳を持って旅行した時の話

イタリアのローマへ旅行した時に旅の指さし会話帳のイタリア版を持っていきました。

この時すでに旅行会話ぐらいのスペイン語を話せていたので、手軽なイタリア語の会話集一冊あればいいと考え旅の指さし会話帳を買いました。

スペイン語とイタリア語は似ている部分もあるけど、全然違うものもあるので巻末にある日本語⇔イタリア語の単語集も重宝しました。

つかみはやっぱりその国の言葉で

私だけかもしれませんが、日本にいて外国人旅行者が片言でも滅茶苦茶でも日本語で話しかけてくる人に対してのほうが英語で話しかけてくる人よりも「助けてあげたい」って思ったりしませんか?

これってほかの国の人もそんな感情を持つと思っていて、レストランや町行く人に話しかけるときには「すみません」などの短いフレーズは口で伝えるようにして、それ以降の会話は「旅の指さし会話帳」を使っていました。

ただ、スペイン語をわかる人と話し込んでいくと私はスペイン語を話し相手はイタリア語とスペイン語のミックスで話してました。

発音を気にしすぎて話しかけづらい人には旅の指さし会話帳おすすめ!

英語の発音って慣れないと苦手だったり恥ずかしかったりしますよね。フランス語や中国語の発音も難しそうだし。

うまく発音ができなくて通じなかったらどうしよう。
発音が悪いと無視されるって聞いたことがあるから無視されるだろうなぁ。
カタカタ英語(それ以外の言語も)なら分かるけど正しい発音知らないし。

話せる人は「話相手はそんなことあまり気にしてないから」ってアドバイスするけど勇気が出ない。

はじめの一歩って緊張したり、恥ずかしかったり、色んな感情がわきます。

それでいいと思います。

そんな人に「旅の指さし会話帳」は背中を押してくれます。

はじめの一歩は言葉を発せず指さしするだけ

気が合えば、おのずと話したいという欲が芽生え、苦手意識や恥ずかしさを消してくれます。

もちろん相手もより耳を傾けてくれたり、ゆっくり話してくれたり

「旅の指さし会話帳」はイラストがポップなので文字だらけの会話帳に比べれば「旅の指さし会話帳」が話のネタ・きっかけになることもあります。

何、この本!?かわいい!日本語でこれは何ていうの?

日本に興味ある人もいるのでそんな人と出会えれば「旅の指さし会話帳」だけでこんな感じで会話が進みます。

旅の指さし会話帳をもっと詳しく知る

旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」22か国以上対応

旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」22か国以上対応

YUBISASHI (Joho Center Publishing CO,Ltd)無料posted withアプリーチ

スポンサー

-旅行のお役立ち情報
-,

Copyright© 空はどこまでもつづいているよ , 2018 All Rights Reserved.